【算数の宿題に】スクラッチで円の面積を計算するプログラムの作り方

2017.06.08

アンズテックのハリーです。
みなさん宿題していますか?

小学校の算数の宿題で面積を求めるのに、何回も同じ計算するのもたいへんですよね。
そんなときはプログラムを書いて自動で計算してもらいましょう。

円の面積を計算するプログラムの作り方

円の面積の計算方法は

半径×半径×3.14

ですね。
つまり、半径がわかれば自動で計算ができます。

早速スクラッチで円の面積を計算するプログラミングを作ってみました。

※半角数字で入力してください。
全角だと「0」が返ってきます。

プログラムの説明

プログラムの中身はこのようになっています。

入力された数字は「しらべる」の中にある「答え」ブロックに入りますので、

答え×答え×3.14

と計算すればOKです。

最後に、計算された答えを「見た目」の中にある「○○と言う」ブロックで喋ってもらうようにします。
このプログラムでは「半径○○の円の面積は△△」と言ってもらうように
「演算」の中にある「”Hello”と”World”」ブロックをいくつも使って喋ってもらっています。

次回は三角形の面積を計算するプログラムを作っていきましょう!

 

NEWS一覧へ