小学3年生の松田鈴さんとお母様の声

質問したら先生がすぐに教えてくれるから、いつも教室に行くのが楽しみ

2019.10.26
アンズテックプログラミング教室に通っている小学3年生の松田鈴さんとお母様にお話を伺いました。

お子様の声

───アンズテックに通ってみてどうですか?

質問したら先生がすぐに教えてくれるからいつも教室に行くのが楽しみです!

───アンズテックの先生たちはどうですか?

優しいし、プログラミングの色々なことを教えてくれます。今日もScratchでどのブロックを使えば上手くプログラムが動くか教えてもらいました。

───これまで作ったプログラムで気に入ってる作品はありますか?

りんご集めゲームです。
腐ったりんごを取ったら点数が減る仕組みなどを自分で作れたからです。

───これから作ってみたいプログラミング作品はありますか?

ロケットで障害物を避けていくようなアクションゲームを作ってみたいです。

保護者様の声

───プログラミングを習い始めたきっかけは何でしょうか?

学校でプログラミングが必修化になるというのを聞いて、自分では分からないので通わせてみようと思いました。

───もともとプログラミング教育自体にご興味があったんですか?

絵画教室に通っているのですが、そこでプログラミングの授業があって、そこからプログラミングを本格的に学んでみたいと思いました。

───教室に通っていただいて何か良いと思ったところはありますか?

現役のエンジニアさんが教えてくれるのと、少人数制で教えてくれるところですね。
大手の塾にもロボット講座がありましたが、少しハードルが高そうなイメージがあったので、手軽で本格的なプログラミング教室を探していました。

───教室に通い始めてからお子様に変化はありましたか?

学校での発言や発表が増えたりしました。
先生がプレゼンテーションのコツを教えてくれるので、身についてるのかなと思います。
昔はパソコンに対して苦手意識がありましたが、今ではすっかりなくなりましたね。

───プレゼンテーションの発表や発言を通して、将来の役に立ってもらいたいと思っています。

そうですよね。
毎回授業のときに一人ひとりがプレゼンテーションで授業の成果を発表して、先生がアドバイスをくれる、というのは学校では無いのですごく良いと思っています。

───教室の良いところって何かありますか?

宿題があるので、自宅でも何かしらお勉強ができるところや、親が介入しなくても子どもが自らお勉強をしてもらえるように促す教室の方針がとても良いと思います。
そして何より、子供が楽しんで通っているところです。

お客様の声一覧へ